家庭教師のメリット

日本における教育のあり方は、ここ数十年の間で大きく由来できました。
かつては詰め込み教育と呼ばれ、ともかく多くの知識を叩き込むことが是とされた教育が行なわれていたのが、新自由教育の波に押し流されるように「ゆとり教育」という新しい教育体制へと変わっていきます。
そしてさらにこのゆとり教育には学力低下などの問題があったとして、現在は「脱ゆとり教育」という新しい教育体制へと変化するに至りました。
この過程において大きく変わったことがあります。
それは「教育の現場」の拡大です。

かつて勉強といえば「学校」と「自習」で行うものでした。
しかし、教育体制が変わり学校における授業内容だけでは受験に不足するようになってしまった関係で、学校外教育が大きなウェイトを占めるようになっていきます。
予備校や塾、家庭教師などを利用するのが当たり前になりました。
そこでここでは、重要性の高まっている学校外教育の中から「家庭教師」をピックアップして紹介します。
まず、家庭教師を利用することによるメリットはどのような部分にあるのでしょうか?

家庭教師は文字通り自宅で勉強を教えてもらうことができる、デリバリーティーチャーです。
そのため、塾や予備校のように移動の煩わしさがありません。
さらに、一対一での学習となるため、みっちり分からない所を教えてもらうことができるという魅力があります。
その反面で、教師の質によって大きく左右されるという問題点もあります。